メニューボタン

5問で1セット 約款
5問で1セットです。それぞれの問題について1つを選び、最後に「採点開始」を押してください。

【問題 1 】

募集型企画旅行契約の契約書面、確定書面に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
旅行業者は、情報通信の技術を利用する方法により当該書面に記載すべき事項を提供したときは、旅行者の使用する通信機器に備えられたファイルに記載事項が記録されたことを確認しなければならない。
確定書面を交付したときは、旅行業者が手配し旅程を管理する義務を負う旅行サービスの範囲は、当該確定書面に記載されたところに特定される。
契約書面には、必ず確定された利用予定宿泊機関及び表示上重要な運送機関の名称を記載しなければならない。
旅行業者は、契約の成立後速やかに、旅行者に、旅行日程、旅行サービスの内容その他の旅行条件及び旅行業者の責任に関する事項を記載した書面を交付しなければならない。なお、書面の交付に代えて、情報通信の技術を利用することができる。

【問題 2 】

募集型企画旅行契約の部「特別補償規程」に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
旅行業者は、約款の規定に基づく旅行業者の責任が生ずるか否かを問わず、別紙特別補償規程で定めるところにより、旅行者が旅行参加中にその生命、身体又は手荷物の上に被った一定の損害について、あらかじめ定める額の補償金及び見舞金を支払う。
旅行者があらかじめ定められた企画旅行の行程から、離脱及び復帰の予定日時を旅行業者に届け出て離脱する場合は、離脱の時から復帰の予定の時までの間は「企画旅行参加中」とはならない。
「企画旅行参加中」とは、添乗員等が受付を行わない場合においては、旅行者が企画旅行に参加する目的を持って自宅を出発した時から、最後の運送・宿泊機関等のサービスの提供を受けることを完了した時までの期間をいう。
旅行業者は、入院見舞金を支払った後に、後遺障害補償金を支払うこととなったときは、支払うべき後遺障害補償金の金額から既に支払った入院見舞金の金額を控除した額を支払う。

【問題 3 】

航空2 社(日本航空、全日本空輸)の国際運送約款に関する問題 についてその内容が正しいものには1.を、誤っているものには2.を選びなさい。
航空会社は、一旅客に対して二つ以上の予約がされており、かつ、搭乗区間が同一で、搭乗日が近接している場合、当該旅客の予約の一部を取り消すことはできるが、全部を取り消すことはできない。
正しい
誤っている

【問題 4 】

(次の記述に関して、条文に照らし合わせて正誤を選びなさい)旅行業者が善良な管理者の注意をもって旅行サービスの手配を行ったが、満員のため運送・宿泊機関等との間のサービスの提供をする契約を締結できなかった場合は、旅行業者は旅行者に対し、所定の旅行業務取扱料金を請求することができない。822021
×

【問題 5 】

次の記述のうち、旅程補償の変更保証金の支払いが必要となるものはどれか。
契約書面に「A航空のエコノミークラス利用」と記載したものが、A航空の過剰予約受付により、B航空のビジネスクラスへ変更になったとき。
確定書面に市内レストランで「和食」と記載したものが、当日に同レストランでの中華料理へ変更になったとき。
利用航空便が大幅に遅延し、目的地への到着が夕刻になり、確定書面に記載した美術館の入場ができなかったとき。
確定書面に利用ホテルとして記載した「Aホテル」が台風の影響によって建物が浸水し、そのために客室の一部一部が使用できなくなり、営業しているにもかかわらず、客室に不足が生じたことにより、契約書面に利用予定ホテルとして記載した「Bホテル」に変更になったとき